福猫ソフトウェア開発情報を発信

Fukuneko Development Blog

福猫ソフトウェア開発情報を発信

NextScreen Ver.1.9.9.0リリース

新機能を搭載

新機能を搭載したNextScreen Ver.1.9.9.0が間もなくリリースされます。
ステージ編集機能の強化、シーケンスの新機能、プラグイン機能などが追加されています。

次のURLよりダウンロード可能です。

http://www.fukuneko.com/software/download/files/NextScreen_19900_Setup.exe

【ハッシュ値】
MD5: 11E7111F01235775EDAAD232B6F4977E
SHA-1: 6481E52553ABEE3C63A55B6B5C7B2F1FE9A228AF
SHA-256: 8F8DB4443A174F8B3942EDE8E3042612C11836647841B13BE05CBA0DB93DDA6E

詳細は以下を参照ください。(表示されていないときは「続きを読む」をクリックしてください。

NextScreen Ver.1.9.9.0には次のような新しい機能が搭載されました。

  • スクリーンの整列・分布機能
    ステージ編集画面で、複数のスクリーンを整列(また分布)する機能が追加されました。これにより、スクリーンを一列に並べたり、均等に配置する操作が容易にできるようになりました。

  • 次のコンテンツ指定機能
    シーケンスのコンテンツプロパティ画面で「次のシーケンス」を指定できるようになりました。イベント設定をしなくても、シーケンスの途中で繰り返すなどの動作が行えるようになりました。

  • ステージのコピー&作成機能
    ステージの選択画面で、指定したステージをコピーして新規ステージを作成することができるようになりました。

  • ビューワ自動機能の有効・無効の切り替え機能
    ビューワの設定画面で、「ログオン時にビューワを自動起動する」設定の有効、無効を切り替えられるようになりました。これは、PCのスタートアップフォルダへショートカットアイコンを自動的に作成、削除することによって行われるため、従来の方法と互換性があります。

  • 拡張スクリーンの追加
    テロップスクリーン、マルチメディアスクリーンに加えて、「拡張スクリーン」が追加されました。これは利用可能なプラグインが読み込まれたときのみ使用できます。

  • プラグイン機能
    NextScreenの標準以外の機能を追加する方法として、プラグイン機能が使用できるようになりました。
    このバージョンでは、HVC-P2プラグインのみが使用可能です。

  • HVC-P2プラグイン
    ※これは実験的なプラグインです。動作検証やサポートの対象外です。
    HVC-P2プラグインは、オムロン株式会社製「ヒューマンビジョンコンポ」(Human Vision Components)が導入されたPCにおいて、この機器が検出した人物の年齢・性別のデータを利用するためのものです。
    検出された人物の年齢・性別をNextScreenのスクリーンイベントへ変換します。スクリーンイベントを設定することにより、年齢や性別に応じた表示内容に切り替えることが可能になります。
    この機能はデフォルトではインストールされません。インストール途中のコンポーネントの選択で選択する必要があります。

新しい機能を利用するためには、エディタとビューワ両方を更新してください。

Written by Fukuneko Dev. Team

2017年9月29日金曜日 14:19

コメントを投稿